雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 天気

IMG_4185
雲無く快晴。最高気温は26℃ほどで風もからりとしているが、とにかく日射しが強い。
IMG_4187

IMG_4188
職場の脇の桜並木は、今は葉の緑が濃い。ひと月半ほど前は花のトンネルだったところも、すっかり木陰の散歩道となっている。
IMG_4183
我が家の庭では、地植えのバラが咲き出した。

IMG_4169
巻雲など多いが、晴れて日射しが強い。
IMG_4171
職場の隣の公園園路のタニウツギは、咲き始めの頃の紅みがとれて、ピンク色の柔らかな色合いとなってきた。
IMG_4178
IMG_4180
職場近くの野球場外周に植えてあるニセアカシアが、白い房状の花をたくさん付けている。高さが10mを超えそうな大木が何本も並んでおり壮観。海岸道路脇の防風林のニセアカシアは既に盛りを過ぎている感じだが、ここは今が見頃となっている。

IMG_4149
未明から降り始めた雨は、朝方強くなり昼過ぎには上がった。雨の原因となった寒冷前線は、太平洋の高気圧にブロッキングされ非常に動きが遅い。夕方の東の空には低い位置に積雲が残る。
IMG_4157
IMG_4162
稲苗の背丈が未だ低いうえ、雨で水かさが増えたこともあり、田んぼが水鏡となって雲が白く映り込んでいる。
IMG_4145
西の空、太陽の周りには巻層雲が広がり、うっすらと幻日が現れていた。
IMG_4164
日没時、空がオレンジに染まった。明日からはしばらく晴天が続きそうだ。

IMG_4139
午前中は良く晴れて日射し強い。最高気温は30℃まで上がる。
IMG_5458
日本海を東進する寒冷前線に向かい、一日中南東の風が強めに吹き続ける。海岸では砂が舞うことも。午後から巻層雲、高積雲などが増えてきた。
IMG_4138
我が家の庭では、クレマチスの紫色の大きな花が昨日から咲き始めた。同じ枝から6弁と8弁の異なる花弁(実は萼片だが)を付けていた。こんなことよくあるのだろうか。


IMG_5388
気温が上がり、風も弱いお昼頃、近くの海岸へ行ってみる。裸で日光欲をしている人の向こうの景色が、陽炎のようにゆらいで見える。
IMG_5395 (2)
IMG_5396 (2)
IMG_5397 (2)
沖合の方に目をやると、水平線の上にうっすら陸地のような影が。手前を佐渡から本土へ向かうジェット高速船が走ってきたが、船をよく見ると反転した像が重なっているようで縦に伸びたように見えている。
IMG_5407 (2)
IMG_5421 (2)
その後もしばらく(12:00〜12:30頃)沖合を見ていると、ぼやけたり、反転像が重なった船がいくつか見えた。
IMG_5424 (2)
水平線の上に平らな陸地のようなものが見えるが、この方向は佐渡ヶ島と粟島の間の海域でシベリア大陸まで陸地はないところ。蜃気楼は富山湾が有名だが、同じ日本海沿岸なので頻度は少ないが蜃気楼が見られたものと思われる。

↑このページのトップヘ