雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 天気

IMG_4412
日中は青空が広がった。最高気温は28℃を超え、久しぶりに暑いと感じる。
IMG_4413
この時期の日射しは特に強く、外にいると木立の中に逃げ込みたくなる。木陰では昼寝をする人の姿も・・・。
IMG_4414
夕方になると巻雲や巻層雲が目立ちはじめた。
IMG_4415
西日本から前線が北上し、台風に発達する予想がでている熱帯低気圧が本州に近づくことから、明日以降はまたしばらく雨模様となりそうだ。
IMG_4417
久しぶりに今日のハルの一枚。

IMG_4408
しばらく続いた上空の寒気による悪天はようやく解消してきた。午前中は雲が多かったものの、昼頃にはかなり青空が広がってきている。
IMG_4409
ぽかりぽかりと積雲が浮かぶ空の上層には、飛行機雲が変形したものが多数見られた。短く千切れたような形となっており、上層の空気は乾いてきたようだ。
IMG_4411
日没の空には雲が全く無い。日本海方面は晴天域が大きく広がっているようだ。

IMG_4404
IMG_4405
IMG_4406
今日も日本海に低気圧が停滞し、東日本などでは上空の寒気の影響で対流性の雲が発達する天気となった。県内でも、内陸・山沿いでは積乱雲が発達し強い降水となったところもあったが、私の住む海岸・平野部では強い降水とはならなかった。ただ、一日中厚い雲に覆われ、海から雲列も侵入し気温が上がらず肌寒かった。
IMG_4402
夕方の弥彦・角田山方面。日本海のすぐ脇に屹立している弥彦山:左奥(638m)、角田山:右手前(482m)は、中腹以上が雲の中に隠れている。雲底高度は300m程だろうか。

IMG_4389
夕方、自宅の近くを歩いてみた。大気が不安定な状態は今日も続いていたが、雨降りとはならず曇天模様の一日となった。
IMG_6203
佐渡の方向は雲が切れ、島影がはっきり見えている。
IMG_6228
家の周りは住宅地だが、10分程歩くと昔の砂丘地の姿が未だかなり残っている。単純な砂の丘ではなく、古くから松などの防風林が植えられ、農地として利用されてきた。
IMG_6222
IMG_4391
現在は、長ネギ、ジャガイモ、トウモロコシなどが畑で栽培されている。
IMG_4395
畑のジャガイモの花。
IMG_6224
ラベンダーが植えられているところもある。
IMG_6209
防風林の縁や原野となっているところでは雑木も多く、ヒョウタンボクが赤い実を付けていた。

IMG_6180
IMG_6189
今日も厚い雲に覆われ、時々雨が降る天気となった。
2019-06-22 (1)
東日本などが梅雨入りしてからしばらく経つが、いわゆる梅雨前線は現在、南西諸島から本州のかなり南海上にある。ここ数日の悪天は、北からの寒気流入と日本海にある低気圧に向かって下層に湿った気流が流入したことによる大気状態の不安定さに原因がある。(16:00JSTの赤外ひまわり画像)
2019-06-22
当地の山地方面では今日も雲が発達し、ところどころで強い降水となった。
IMG_6194
同時刻(16:00)の北東方面の画像。
IMG_6195
同時刻(16:00)の南東方面の画像。
両方面とも海岸部から見ると雲の壁となっている。
IMG_6198
18:30頃の北西方面の画像。雲はかなり少なくなり、西日が見えてきた。

↑このページのトップヘ