雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 天気

IMG_6129
IMG_6146
IMG_6149
IMG_6140
日本海に低気圧があり、上空には寒気、下層には暖湿気が流入し、日中の昇温も加わった為、大気の状態が不安定となり、積乱雲が内陸・山地のあちこちで発達した。
2019-06-21 (1)
午後~夕方は、福島・山形との県境の山地付近で発達した雲を見ることができた。雲の下では強い降水となっている。
IMG_6154
IMG_6165
IMG_6172
夕方、飯豊山地方面で発生した雄大積雲、積乱雲。頭巾雲も見られた。
2019-06-21 (3)
当地は平野部の西縁に位置しており、通常、東部の山地で発生した積乱雲が頭上に移動してくることはほとんどない。しかし今日は、本州の内陸部で大規模に雲が発生・発達し、全体的に北北東方向に移動したことから、夜遅くなって信越県境方面で発生した雲が懸かり出し、22:30過ぎから大粒の雨が降り出してきた。


IMG_4380
昨日の雨のせいで、朝方はそれほど濃くはないが霧が発生した。午前中も輪郭のぼやけた積雲が多い空模様だったが、次第に雲は少なくなった。日中は日射しは強いものの、予想ほどは気温が上がらず、まずまずの快適な天気となった。
IMG_4381
職場の隣の公園では、アジサイが次第に色づいてきた。
IMG_6117
日没頃、自宅近くの海岸に行ってみた。先日の地震では津波注意報が発令されたが、最大で10cm程度の潮位の上昇だったようで、砂浜を見た感じでは特に痕跡等は見られなかった。

2019-06-19 (1)
昨夜の地震は、東日本の広範囲で揺れを感じたようだ。震央から100㎞程離れた当地では被害が無かったが、揺れは結構大きかった。
2019-06-19
12:00JSTの赤外ひまわり画像。震央に近い県北地域では雲が発達し、日中強めの雨が降り続いた。地震のため警報基準が引き下げられ、大雨警報が発令された。
IMG_4377
当地でも、朝方から降り始めた雨は断続的に夕方まで降り続いた。

IMG_4362
低気圧はオホーツク海へと遠ざかり、日本海には高気圧が移動してきたが、当地では今日も厚い雲が残り、時々弱い雨が降る天気となった。西風が強いと、日本海側では海を渡る湿った気流が流れ込むためだ。
IMG_4370
夕方の帰宅時、角田山方向を見ると、数百メートルのごく低い高度で雲が帯状に海から入り込んでいた。
IMG_6096
日没時、海岸まで行ってみた。風は弱くなってきたが、海はまだ白波が立っており、大きな波音が轟いていた。
IMG_6104
IMG_6111
IMG_6114
晩秋のような物淋しい夕景だ。
IMG_6108
昨日の強風で、砂浜では砂がかなり飛んだようだ。先日海岸を訪れた時見えていたハマゴウやハマボウフウはすっかり砂をかぶって埋もれており、海岸植物の生育環境の厳しさを感じさせる。

IMG_6078
雨、風ともに強く、警報・注意報の発せられる天気となった。
2019-06-16 (6)
15:00JSTのひまわり赤外画像。昨夕、北陸付近にあった低気圧は東北地方から三陸沖へ抜けた。北西から回り込むような雲域が東日本に掛かり続けている。
2019-06-16 (1)
当地では山沿いなどで降水強度が強いところがあり、地域的に夕方になっても大雨警報が発令されていた。
2019-06-16 (5)
風も西寄りの海からの風に変わって強く吹き続けた。
IMG_6086
IMG_6087
平均風速は10m/sを超え、最大瞬間風速は20m/s程に達した。木々の枝は大きく揺れ、看板などは風で倒れた。日本海も時化もようとなり、夜遅くなっても窓を開けると海から波の音が轟続けた。


↑このページのトップヘ