雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 天気

IMG_4062
庭に鉢植えしているマイヅルソウが咲き出した。ツヤツヤとしたハート型の葉が茂る真ん中から茎が伸び、小さな花が集まった花序をつけている。
IMG_4063
朝は遅番の出勤だったので海に寄って行く。薄曇りで暖かな南風が吹いている状況だったので、蜃気楼が見えるかと淡い期待をしたが、海上ではそれほど温度差が無いようで、見えそうになかった。
IMG_4066
昼には全天が雲に覆われる。雲底がムラムラと乱れて出してきた。午後には雨が当り出し、16:00頃には辺りはもう薄暗くなる。夜も時々本格的な降りとなった。

IMG_4034
良く晴れた天気が続いている。仕事が休みなので丘陵地にある植物園へ行ってみた。気温は日中でも19℃程で暑くはないのだが、初夏の日射しはとても厳しく、木陰がありがたい。
IMG_4043
睡蓮の葉に覆われた池の水面を吹き渡る風も心地いい。
IMG_4039
月曜日なので温室ドームは休館。屋外の園地を散策する。現在は花の種類は少ないが、ボタン、シャクナゲなどがきれい咲いていて目を愉しませてくれる。
IMG_4048
午前中は全く雲が無かったが、14:00頃から次第に上層に雲が現れてきた。
IMG_4050
移動性高気圧の後面に入ってきて、天気は明日以降崩れてきそうだ。

IMG_4019
我が家の庭のナナカマドが白い小花を多数つけ始めた。これは植えたものではなく自然に生えてきたもの。野鳥が多く来るので、落とした糞に種が入っていたものだろう。ナナカマド以外にもいろんな植物が生えている。
IMG_4022
IMG_4023
午後、近くの海岸を車で走る。駐車場に車を停め、浜辺へ向かうアプローチでは、ハマナスやハマエンドウの鮮やかな色彩が目に飛び込んでくる。
IMG_4025
初夏の日射しはかなりきつく、車の中は暑いくらいだが、浜辺に出ると海風にはまだ冷たさが残る。
IMG_4029
昨日とは違い、今日は空気もからりとして霧も発生せず、夕暮れ時には佐渡の島影が濃い紫色でくっきり見えた。


一日の雲の様子(300倍速、2分24秒 移流霧 ラスト5秒部分)

IMG_4003
夕方の日本海。太陽が佐渡ヶ島に沈むところ

晴れて日中25℃程まで気温が上がる。雲はほぼ上層の巻雲・巻層雲だけ。IMG_4009
しかし視野を右にやると、沖には灰色の低い雲の帯が・・・。夕方から北風に乗り、海から低い層積雲が這うように陸地に侵入してくる。
IMG_4014
IMG_4011
僅か10分程度で霧に包まれた。未だ日本海の海水温が低い春〜初夏は、移流霧が頻繁に発生する。


IMG_3998
庭のオオバボダイジュの根元に置いた鉢植えのムサシアブミが、ようやく全体の姿を現わしてきた。竹の子のような鞘が割れ出してから1週間程かかった。光沢のある傘のような3つに分かれた葉を左右に持ち、真ん中からテンナンショウの仲間独特の仏炎苞を持ち上げている。
IMG_3999
鉢の周りには、数年前に自然に落ちた種が発芽し、小苗がゾックリと同じような姿で地上に現れてきている。
IMG_4002
今日は一日、雲が全く無い快晴状態が続き、日没後の西の空に月がくっきりと見えた。

↑このページのトップヘ