雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 天気

日本海北部の低気圧は、さらに発達しながら樺太方面に進んでいる。
中心から延びる寒冷前線が、午前のうちに東日本を横断した。
IMG_0645 (1)
(日中の空)
季節風が強く吹き出し、時雨模様の天気が戻った。
気温は未明に本日の最高を記録したあと、どんどん低下している。

日本海には急速に発達中の低気圧があり北東に進んでいる。
中心から延びる寒冷前線が西日本に懸かり、東日本でも夕方から曇ってきた。
IMG_0639 (1)
(日中の空)
当地では日中、気持ちいい青空が広がった。
南寄りの風が入り、夜になると時々強く吹くようになってきた。
IMG_0643 (1)
純白の飯豊連峰が初冬らしい姿を見せる。




移動性高気圧は本州付近に中心を移してきた。
IMG_0637 (1)
(午後の空)
日本海側の当地でも、漸く穏やかに晴れ上がってきた。
風は弱く、朝晩は冷え込んでいる。

高気圧が移動性となって日本海に中心を移し、冬型気圧配置はようやく緩んできた。
IMG_0635 (1)
(午後の空)
午前中は時々雨の降る天気だったが、午後になると日射しがかなり出てきた。
IMG_0634 (1)
ただ、雨が降っている所も依然として残り、くっきりとした虹が長時間現れた。

日本付近は冬型気圧配置が続いている。
発達した積乱雲が次々と日本海から入り込み、時々霰混じりの強い雨が降った。
IMG_0600 (1)
(午前中の空)
IMG_0602 (1)
(午後の空)弥彦山に懸かる雲
IMG_0613 (1)
(午後の空)
IMG_0623 (1)
IMG_0628 (1)
(夕日を受ける積乱雲の雲底)

↑このページのトップヘ