雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 天気

冬型気圧配置は緩んできて、日本海側でも次第に天気は回復してきた。
IMG_0562
(午後の空)
午前中は曇り空だったものの、次第に雲が取れて青空が広がってきた。

日本付近は弱いながら西高東低の気圧配置となっている。
日本海側では雲が多く、北陸から北では雨の降っているところがある。
IMG_0561
(日中の空)
当地も多少日射しが出たものの、雲に覆われ時間帯が多く時々雨の
降る天気となった。

日本海に気圧の谷があり、北陸から北の日本海側では再び雨が降り出した。
IMG_0557
(午後の空)
朝方は放射冷却で最低気温が5℃台まで下がったが、日中は日射しが
あり気温も上がった。しかし気圧の谷の接近で、天気は早くも下り坂。
午後には弱い雨もぱらつき、夕方以降は本格的に降り出し発雷してい
るところもある。

本州の南海上に高気圧が移動してきて、日本海側の雨域もかなり狭まってきた。
IMG_0545 (1)
(日中の空)
日中はまだ発達した積雲が懸かる状態が続き、時折り強い俄か雨の降る
時雨模様が続いた。

IMG_0547 (1)
(夕暮れの空)
昨日まで強く吹き続けた季節風は次第に弱まってきた。
午後はほとんど風も落ち着き、静かな夕暮れとなった。

気圧配置は今日もほとんど変わらず、日本海側では時雨れ模様が続いた。
IMG_0540 (1)
IMG_0538 (1)
(午後の空)
当地は今日も西寄りの風が強く吹き付け、発達した積雲が懸かり続けた。
気温は前日より低く、強い雨に時折大きな音を立てて霰が混じり、地面が
白くなる時もあった。



↑このページのトップヘ