雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 天気

本州の南海上にあった低気圧は、関東の沖合を急速に発達しながら北東に進んでいる。
IMG_0391 (1)
(昼過ぎの空)
低気圧の影響で東日本は雲に覆われ、太平洋側を中心に雨となった。
低気圧の移動に伴い、雨域は関東から次第に東北地方に移動。
日本海側の雨は朝方くらいまでだったが、日中もなかなか雲が取れなかった。
当地も昼頃少し日射しが出たが、ほぼ一日曇り空が続いた。


伊豆諸島の南にあった低気圧は東海上に抜け、日本付近は再び冬型気圧配置となった。
IMG_0329 (1)
IMG_0331 (1)
(夕方の空)
本州付近は等圧線が込み合い、当地でも朝方は強風が吹き荒れた。
日中も寒気の影響で時雨模様となる。
夕暮れ時、少しだが日を受けて雲が色付いた。

南西諸島付近にあった低気圧は、伊豆諸島の南へ移動してきた。
日本海側の天気が回復してきたのに対し、太平洋側では雲が多くなっている。
IMG_0324 (1)
(朝の空)
IMG_0328 (1)
(日中の空)
当地も時雨模様は解消、日中はかなり日射しがあった。

西高東低の気圧配置は続いているが、本州付近の等圧線の間隔は緩んできた。
南西諸島方面に前線を伴った低気圧が発生し東北東に進んでいる。
IMG_0318 (1)
(朝の空)
IMG_0323 (1)
(昼過ぎの空)
昨日の強風は収まったが、寒気の影響で今日も時雨模様の天気となった。

日本海の低気圧は北日本を横断して東海上に抜けた。
本州付近は等圧線が込み合い、強い冬型気圧配置となっている。
寒気の吹き出しに伴い、日本海は再び筋状の雲にびっしりと覆われている。
IMG_0315 (1)
IMG_0316 (1)
(昼頃の空)
当地は西寄りの風が非常に強く、一時暴風警報が発令された。
青空が出ているかと思うと、激しい雨が降る時雨模様の天気。
発達した積雲があちこちに見られた。



↑このページのトップヘ