雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 天気

大陸にあった高気圧の一部が、北日本に移動性となって中心を移してきた。
日本海に出ていた寒気に伴う筋状の雲は、急速に減ってきた。
IMG_0309 (1)
(朝の空)
IMG_0311 (1)
(昼の空)
当地では、午前中俄か雨の降る時雨模様が残ったが、午後からはか
なり日射しが出てきた。
ただ気温は上がらず、日中も肌寒い状態が続いた。

寒冷前線は東海上に抜け、オホーツク海の発達した低気圧と大陸から張
り出してきた高気圧の間で、日本付近は西高東低の気圧配置となった。
北日本の上空には強い寒気が入っており、日本海には今秋初めて季節風
の吹き出しによる筋状の雲が出来ている。
IMG_0308 (1)
IMG_0307 (1)
(夕方の空)
当地は朝まで風雨が強く、日中は雨は上がったが曇り空で北西の風が
強く吹き続けた。夕方になるとようやく風は落ち着いてきて、雲に隙
間が見えだしてきた。

線を伴った低気圧が日本海沿岸を北東に進んでいる。
また、樺太付近の低気圧から延びる寒冷前線が夜には北日本を通過。
IMG_0287
IMG_0288 (1)
(夕方の空)
雲の多い一日で、夕方から濃い層積雲が頭上を覆ってきて雨の近い
ことをうかがわせる。夜には本降りの雨となった。


オホーツク海にある低気圧から延びる寒冷前線が日本海を南下。
IMG_0278 (1)
(朝の空)
朝から雲が多いが、午前中は多少日射しもあった。
IMG_0281 (1)
(午後の空)
寒冷前線の接近で、午後には完璧に曇ってきた。

日本海の高気圧がゆっくりと南下。全国的に晴れているところが多くなってきた。
IMG_0270 (1)
(朝7:00前)
早朝、海岸部でも濃い霧に覆われた。
IMG_0272 (1)
(朝7:30頃)
霧は短時間で薄れてきた。
IMG_0275 (1)
(朝8:30頃)
霧は8:00頃には完全に消えた。
IMG_0277 (1)
(昼過ぎの空)
日中は穏やかに晴れたが、雲はやや多め。





↑このページのトップヘ