雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 自然

日本付近は西高東低の冬型気圧配置となっているが、山陰地方の沿岸には弱い低気圧があり東に進んでいる。
IMG_7737
(午後の空)
当地は終日曇り空で、最高気温も10℃程と寒い一日となった。
IMG_7734
我が家の庭では、自然に生えてきたヤツデが球状の花を咲かせてきた。


(北西の空の、朝から夕暮れまでの雲の流れの300倍速タイムラプス画像)
オホーツク海にある低気圧から延びる寒冷前線が北日本に懸かっている。
日本海にある別の低気圧に前線が発生し、夜にはその寒冷前線が北陸地方などに懸かってきた。
当地は朝のうちはよく晴れていたが、次第に上層の巻積雲などが多くなり、夕方からは下層の雲も増えてきて、夜遅くには前線の通過で雨が降り西風が強くなってきた。
CIMG0078
(朝の田園風景)
郊外の田んぼでは稲刈りはすっかり終わり、あとは冬の到来を待つだけだ。
CIMG0084
(西川の野鳥類)




本州付近は、関東の東海上に中心のある高気圧に覆われ、よく晴れている。
CIMG0009
CIMG0019
(午後の空)
当地の空は、高気圧の後面で上層の巻雲などが出てきた。
朝の気温は3℃台まで冷え込んだが、日中は南寄りの風が入り最高気温は18℃台と暖かく、穏やかな小春日和となった。
CIMG0017
飯豊連峰は雪をかぶった姿を見せている。
CIMG0007
我が家の庭では、自然に生えてきたツワブキの黄色の花が盛りとなっている。


寒冷前線は夜のうちに日本の東海上に抜け、日中は日本海に中心を移してきた高気圧に次第に覆われてきた。
IMG_7682
隣の新発田市へ紅葉を見に出掛ける。
やや雲が多かったが、日射しもあり寒くはない。
IMG_7685
イチョウの黄色が青空に映える。
IMG_7690
モミジも染まってきた。
平野部での紅葉は、今が見頃のようだ。

台風14号は伊豆諸島の東海上に進み、北海道の東にあった高気圧はカムチャッカ半島の南にまで遠ざかった。
台風と高気圧に挟まれ気圧傾度が急だった東日本の状況は解消されてきた。
CIMG0251
(朝の南東方向の空)
当地は、数日続いていた南東寄りの強風は弱まり、気温も上がってきた。
ただ、朝のうちは内陸部では濃霧が発生したところがあったようだ。
CIMG0265
(朝の北方向の空)
秋らしい青空が戻ってきた。
CIMG0287
午後、車で20分程のラムサール条約登録湿地の佐潟へ行ってみる。
そろそろ白鳥が飛来している時期だ。
CIMG0276
佐潟の湖岸に沿った道をぐるりと歩いていると、潟の北側から湖面に白鳥の姿が確認できた。
CIMG0282
水鳥・湿地センターの建物内に貼り出されていた情報を見ると、今年の初飛来は10月7日だったようだ。
CIMG0286
佐潟(下潟)は、徒歩で一周約50分程の砂丘湖。
CIMG0273
周りは砂丘地の畑が見渡す限り続き、北海道のような雄大な景観を見せている。

↑このページのトップヘ