雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 自然

南海上の梅雨前線は、関東地方付近では昨日よりやや北上している。
IMG_8901
(日中の空)
IMG_8902
(夕方の空)
中上層の雲は昨日より増えている。
CIMG0127
砂丘地の畑では、ジャガイモの花が盛りとなっている。

日本の東に去った高気圧の勢力が残り、北陸から北では比較的よく晴れている。
IMG_8879
昨日よりも上層の雲が無くなり、よく晴れ上がった。
気温も25°近くまで上昇。この時期らしい気温に戻った。
IMG_8878
我が家の庭では、数日前からニッコウキスゲが咲き出している。

前線を伴った低気圧が西日本から東日本に進んでおり、一日雨模様となっている。
CIMG0030
我が家の庭では、少し前から咲き出したミツガワシワの花が盛りとなってきた。
星形の純白の花冠の内側に、縮れた毛が密に生えているのが目に付く。

オホーツク海の低気圧から延びる前線が、本州を横切り南西諸島まで達している。
前線途中に別の低気圧があり、日本海沿岸を東に移動。

IMG_8418
当地では朝から雨が降り出し、昼前から時折雨脚が強くなってきた。
庭のコブシ(シデコブシ)は、満開の花が雨に朽ちて茶色に焼けだした花弁を盛んに落としている。
(写真は昨日の様子)

例年になく早い開花だった今年の桜。

わずか数日で満開となり、今日は見ごろの週末となった。

初夏を思わせる陽気の中、人気が少ない郊外の川沿いを歩いてみる。

自然が残る桜の道を、うっすら汗をかきながら1時間ほど行く。

時折風で舞い散る花びらが、季節の進みを教えてくれる。

IMG_8422

IMG_8431

IMG_8433

↑このページのトップヘ