雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 自然

日本海の高気圧は足早に本州を通り東海上に去り、午後には全国的に曇ってきた。
IMG_0581 (1)
我が家の庭の晩秋の様子。
オオバボダイジュやシデコブシはすっかり落葉し、地面に降り積もっている。
IMG_0582 (1)
サンショウの葉は黄色くなってきた。
IMG_0583 (1)
ムサシアブミの実は未だ赤くなっていない。

北日本に中心のあった高気圧は東海上に去り、日本海は気圧の谷となっている。
IMG_0564
北陸から北の日本海側などでは雲が多くなっており、雨が降っているところもある。
11月も後半になり、町中のケヤキの大木も落葉してすっかり丸裸となった。


日本の南海上には前線を伴った低気圧があり東に進んでいる。
また、オホーツク海から延びている寒冷前線が北海道に懸かっている。
太平洋沿岸などを除き、九州から東北地方までは晴れているところが多い。
IMG_0507 (1)
我が家の庭では、茶の木の白い花が盛りとなってきた。
IMG_0510
一日中快晴の空。澄んだ夕空となった。

日本海の高気圧に覆われ、東日本から北日本は穏やかに晴れ上がった。
IMG_0500 (1)
IMG_6243
(煙突の上に出来た積雲)
当地も風が弱く、よく晴れ上がった。
周りに雲が無い中、製紙工場の煙突から排出された煙の上にポツンと
積雲が発生していた。
IMG_0490 (1)
IMG_0494 (1)
IMG_0497 (1)
(新発田市 加治川治水ダム付近)
近郊の山々の紅葉は今が盛り。
見たところ、山の上部はすっかり落葉している。








日本海には上空の寒気に伴う低気圧があり東南東に進んでいる。
低気圧の周辺では下層暖湿気が入り込み、大気の状態が不安定となっている。
IMG_0447
11月となり、身の回りの街路樹や公園の木々の紅葉がかなり進んできた。
職場の前のケヤキも葉が黄色くなり、風に吹かれるとハラハラ落葉している。


↑このページのトップヘ