雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: その他気になるもの

日本海中部に高気圧があり東に進んでいる。
全国的に雲が多いが、高気圧の中心に近い北陸地方では晴れている。
IMG_8719
当地は、ほぼ快晴に近い天気となった。
日没寸前の太陽がくっきりと見えている。
IMG_8718
田植えが終わったばかりで、まだちょろちょろの苗の水田は、水鏡となって空をよく映しこんでいる。

オホーツク海に発達した低気圧があり、関東付近にも低気圧があって、日本付近は気圧の谷となっている。

IMG_8366
(朝の空)
全国的に黄砂が飛来して、視程が悪くなっている。
GRMN0011
(霞む遠景)
当地も黄砂が飛来しており、遠景が霞んでいる。
IMG_8367
(朝の太陽)
上層の薄雲と黄砂の影響で、朧な太陽となっている。
IMG_8368
(日中の太陽)
鮮明ではないが、ハロ(暈)も現れている。



太平洋岸を低気圧が急速に発達しながら北東に進んでいる。
夜には三陸沖に達し、中心気圧は950hPa台まで低下している。
当地では夜になり西寄りの暴風が吹き荒れ、平均風速で15m/s、瞬間風速では25m/sを超えているところもある。
IMG_8056
(車のボディーに映る雲)
ちょっと前の晴天の日。
濃紺の車の屋根に空が映り込んで、雲模様のペイントのように見えた。



本州の上を、移動性の高気圧が足早に通り過ぎた。
中国東北部にある低気圧から伸びた前線が、夜には日本海西部に近づいてきた。
IMG_7604
当地は午前中、対流性の雲が多かったものの、午後には次第に雲は少なくなっていった。
IMG_6838
昨日は暦の上の中秋の名月。今日は天文的な満月。秋の夜空に明るく輝く。

山陰沖の日本海に低気圧があり、ゆっくりと東進。中心から閉塞前線が東に伸び、北陸東部から東北南部に懸かっている。
CIMG9964
前線に近い当地では、朝方から雨が降り出し、ほぼ一日中強い降り方をしている。家の中に居ても、時々大きな雨音が聞こえてくる。外の写真が撮れないので、今日は我が家にある天気関係の玩具を・・・。
写真は、25年以上前にスイスの土産物屋で買った、鳩時計風の小さなからくり時計。裏を見ると、made in germany となっている。男の子と女の子の2体の人形が、湿度の変化で出たり入ったりするもので、今日のように湿度が高いと男の子が前に出てくる。今でも結構敏感に動いており、おそらく毛髪湿度計の原理を応用したものだろう。

↑このページのトップヘ