雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 海岸

昨日日本海西部にあった低気圧は日本海北部に進み、中心から伸びる寒冷前線は日本海沿岸沿いに九州北部に達し、さらに西に伸びている。
CIMG0100
前線に向かって南西からの暖湿気が流れ込み、昨日以上に蒸し暑さを感じる天気となった。
CIMG0103
一日中どんよりとした空で、夕方の海岸から見上げる空も雲は厚い。

梅雨前線は東日本でやや北上、関東地方沿岸には低気圧がある。また夜には、日本海東部に上空の寒気を伴うトラフに対応した低気圧が発生した。
CIMG0018
CIMG0020
当地は梅雨前線から離れているため、雲が多いものの大きな崩れはなく、日中は青空も見られた。
早朝近くの海岸へ行く。土曜日ということで、釣り人がちらほらと居る。
CIMG0025
風は無く、海面も穏やかだ。正面には、佐渡ヶ島がくっきりと見えている。
CIMG0022
北東方向は、山形県境の海岸線までよく見えていた。


佐渡ヶ島付近に低気圧があり、ゆっくりと東北東に移動している。上空に寒気を伴っており、周辺で雲が発達、所々で雨が強く降っている。
CIMG9967
当地は日中雨降りとなったが、夕方には一旦止んだ。
今日も帰宅の途中、最近よく立ち寄る関屋分水河口近くの展望台に上がり空を眺めた。
CIMG9968
佐渡ヶ島方面には、水平線近くに降水域の暗いカーテンが懸かっている。
CIMG9977
その右、真北から北東の方向まで降水域のカーテンが続いている。
CIMG9976
さらに右、東の方向の空。
夜になると再び雨が強く降り出し、大雨警報が発令された。

梅雨前線は太平洋沿岸まで南下、日本海西部に高気圧が移動してきた。ただ、東北地方には弱い低気圧が残っている。
CIMG9934
CIMG9938
朝の海岸。
当地は午前中は雲が多く、朝のうちは一時雨の降る天気だった。昼過ぎからは青空がかなり広がってきて、湿度も下がり、爽やかな空気に覆われてきた。

日本海西部にある低気圧から東に伸びる温暖前線が、北陸付近に懸かっている。
CIMG9782
当地は日中雨となったが、夕方には上がり若干だが薄日も射した。ただ、この晴れ間も一時的のようだ。

↑このページのトップヘ