雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 海岸

台風から変わった低気圧は千島近海に達した。寒気が流れ込んで、日本海側では雲が多く天気の回復が遅れている。
IMG_5728
IMG_5729
夕方の海岸から見た空。昨日の強風で砂が舞い上がり、住宅地の窓ガラスや車がかなり汚れたが、今日は日中雨が降ったおかげで結構洗い流された。昨日は乾いていた海岸の砂地も今日は湿っている。
IMG_5739
風は収まったが、波が高い状態は今日も続いている。そのせいで、海岸にはサーファーが集まっていた。
IMG_5740
昨日の飛砂を重機で除けたようで、砂浜へ通じる道の脇には砂の山が出来ていた。


(2019.9.23 朝から夕暮れまでの12時間の雲の流れ、300倍速)
台風17号は9:00に能登沖で温帯低気圧に変わったが、強い風を広範囲で吹かせながら日本海を北東に進んでいる。当地では14:00頃までは南東の強風でフェーン現象となり、最高気温は34℃を超えた。その後、西南西の吹き返しの風となりさらに風速を増し、18:00過ぎに最大瞬間風速23.7m/sを記録した。動画では左から右へ流れていた下層雲が、1分55秒あたりから飛ぶように走りだす。
IMG_5672
朝の空。西側は晴れているが、東側は雲に覆われており、頭上から大粒の雨が少しパラつく微妙な天気。
IMG_5675
同。東の雲は厚みがある。
IMG_5698
同。南東の風が強くフェーンとなっている。東~南東方向の1000m級の山地の頂部は、鉢巻雲に包まれている。
IMG_5685
同。強風で田野の禾類は大きくなびいている。
IMG_5691
同。西の空は青空が広がり、上層の巻雲~巻層雲が白く浮かぶ。
IMG_5693
同。北西(日本海)方向では、下層にちぎれ雲が多く見られる。
IMG_5705
同。ちぎれ雲の下では雨が降っている所もある。部分虹が見えた。
IMG_5718
午後の空。台風から変わった温帯低気圧が佐渡沖を通過し、風向きが西南西に変わった15:00頃、近くの海岸へ行ってみた。
IMG_5708
同。強風で砂が飛ぶ凄まじい状況。
IMG_5726
夕暮れの空。雲が紫色に染まる。風はさらに強まり、最大風速はこの後にでた。


移動性高気圧に北から覆われ、日本海側はここ数日、天気が良い日が続いている。
IMG_5488
IMG_5504
昨日は福井県の方へ出掛けていたが、青空が広がる中、晴天積雲がのどかに浮かぶ心地よい日和だった。
(写真は一乗谷朝倉氏遺跡)
IMG_5549
今日も雲がほとんどない晴天となった。最高気温は30℃程。
IMG_5554
自宅近くの海浜にあるハマゴウの群落は、花がほとんど終わり近くなってきた。数珠玉のような丸い核果が淡黒色に熟し、季節が進んでいることを感じさせる。
IMG_5556
日没時の空には雲が無い。夜は満月を過ぎたばかりの光が眩しい。

津軽海峡西側にある低気圧から伸びる寒冷前線が、日本海側沿岸をゆっくりと南下。大気の状態が不安定となり、各地で雷を伴う強い雨が降った。
IMG_5010
7:00頃、自宅から見た北西方向の空。当地では未明から朝方まで、かなり強い雨が降った。この時間には雨は上がっている。
IMG_5014
12:15頃、職場付近から見た空。日中も対流性の雲が多い。今日も最高気温は30℃を切った。
IMG_5023
18:20頃、自宅近くの海岸。雨が上がった日の夕空は綺麗なことが多い。それを期待して海岸に来てみた。
IMG_5034
少しすると、佐渡ヶ島に懸かっている雲の後ろから、光の筋が広がり出した。
IMG_5037
IMG_5044
IMG_5046
IMG_5057
IMG_5059
光の筋(薄明光線)は、刻々とその表情を変える。周りの空も雲が染まり、手前の低い雲がシルエットとなっている。
IMG_5062
午前中風が強く吹いていたので、砂の上には風紋ができていた。
IMG_5068
日は落ち、薄明光線も消えたので帰ろうかなと・・・
IMG_5070
少し歩いて振り返ると、一筋の暗い線が長く伸びていた。
IMG_5071
左下の雄大積雲の影が手前の雲に映っていた。もう少し海岸で待っていればよかった・・・

IMG_4949
IMG_4967
台風通過から2日経った。空にはほとんど雲が無い良い天気となったが、海の波の高い状況は今日も残った。
IMG_4950
夕方、いつもの自宅近くの海岸へ行ってみた。白波がどんどん波打ち際に打ち寄せている。砂浜に、街中の雨水を海に排水するためのコンクリート製の構造物が埋まっているが、波が打ち寄せるとコンクリートの繋ぎ目付近がゴボゴボ泡立つ。
IMG_4953
繋ぎ目から、潮吹きすることもあった。
IMG_4958
時々大きな波が来て、砂浜奥まで海水が入り込むことがある。
IMG_4969
波が引くと、海水が取り残されて水溜まりとなる。これを当地では「よどみ川」と呼んでいた、というのを昔なにかで読んだことがあった。
IMG_4960
水溜まりは、条件が良ければ「水鏡」となり景色を映す。
IMG_4948
IMG_4962
波しぶきがかなり飛んでいるようで、遠景は白く霞んでいた。
IMG_4970
海岸から見た、夕方の南方向の空。海岸・平野部ではほとんど雲が無かったが、内陸・山間部では局地的に対流雲が発達したようだ。



↑このページのトップヘ