雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 海岸

IMG_4679
台風6号は東海地方に上陸。15:00に岐阜県で熱帯低気圧に変わったが、北陸地方などでは猛烈な暑さとなった。当地でも午前中から空はぎらつくような青さを見せ気温が上昇したが、午後になると海からの風が入り込んだことから、最高気温はかろうじて35℃寸前で止まった。
IMG_4680
14:00頃、近くの海岸へ行ってみた。東~南の山沿い方面では積雲が湧いていたが、北~北東方面は上層の巻雲だけで、鳥海山が見えるくらいかなり視程が良かった。
IMG_4675
IMG_4677
この暑さで海岸には結構人が出ていた。
IMG_6461
焼けた砂浜では、ハマゴウが清涼感のある青紫色の花を咲かせ始めていた。
IMG_4682
夕方の南東〜南方向の空。内陸方面では雲が発達し、局地的に警報が発令されるほど程の大雨となった。
IMG_4684
夕方、次第に中層の雲が増えてきた。海岸に近い当地でも、熱帯低気圧の北側の雲が懸かり出し、22:00頃から強い雨が降り出した。

IMG_6407
午後、自宅近くの海岸に行く。空には低層~高層まで様々な高度に雲が見られる。
IMG_6406
内陸の山岳部の方向には、ところどころ発達した積雲もあった。
IMG_6412
今日は「海の日」で、この週末に海開きを行ったところも多いようだが、波がやや高く海水浴客の姿はあまり見られない。
IMG_6410
目立ったのはサーファーの姿だ。ここの海岸は、テトラポッドなどの障害物が途切れており、サーフィンをする人たちがよく集まる場所だ。「日本海の荒波」と言われるが、冬場以外、海が荒れることはそう多くはない。しかも日本海の大きさから基本的に波の高さは太平洋に比べ小振りとなり、サーフィンに適した波はなかなかできないはずだ。そうした不利な条件の中でも、少しでも波が高ければここにサーファー達が集まってくる。
IMG_6421
水平線の向こうにはうっすら佐渡ヶ島の島影が見える。今日は島の上に積雲が湧いているので、雲が島の存在を教えてくれている。


IMG_4380
昨日の雨のせいで、朝方はそれほど濃くはないが霧が発生した。午前中も輪郭のぼやけた積雲が多い空模様だったが、次第に雲は少なくなった。日中は日射しは強いものの、予想ほどは気温が上がらず、まずまずの快適な天気となった。
IMG_4381
職場の隣の公園では、アジサイが次第に色づいてきた。
IMG_6117
日没頃、自宅近くの海岸に行ってみた。先日の地震では津波注意報が発令されたが、最大で10cm程度の潮位の上昇だったようで、砂浜を見た感じでは特に痕跡等は見られなかった。

IMG_4362
低気圧はオホーツク海へと遠ざかり、日本海には高気圧が移動してきたが、当地では今日も厚い雲が残り、時々弱い雨が降る天気となった。西風が強いと、日本海側では海を渡る湿った気流が流れ込むためだ。
IMG_4370
夕方の帰宅時、角田山方向を見ると、数百メートルのごく低い高度で雲が帯状に海から入り込んでいた。
IMG_6096
日没時、海岸まで行ってみた。風は弱くなってきたが、海はまだ白波が立っており、大きな波音が轟いていた。
IMG_6104
IMG_6111
IMG_6114
晩秋のような物淋しい夕景だ。
IMG_6108
昨日の強風で、砂浜では砂がかなり飛んだようだ。先日海岸を訪れた時見えていたハマゴウやハマボウフウはすっかり砂をかぶって埋もれており、海岸植物の生育環境の厳しさを感じさせる。

IMG_4337
IMG_4339
気圧配置は昨日とあまり変わらず、今日も東~南東のダシの風が吹く。しかし、風速は昨日ほど強くはなく、雲も少なくなって、日中は青空の広がりが目立った。
IMG_5938
夕方、自宅近くの海岸に行く。浜辺にはポツリポツリと人影が見られた。
IMG_5964
佐渡ヶ島の方向には層積雲や高積雲が多い。
IMG_5966
低い雲の間から光芒(薄明光線)が射す。IMG_5945
光が白く濁って幻想的。
IMG_5941
内陸からの南東の風で砂が飛んでいる砂浜では、ハマゴウの群落の中に、ハマボウフウの白い花が一株見つけられた。この海岸ではハマボウフウはめったに見られず貴重だ。


↑このページのトップヘ