雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: レンズ雲

北海道の西海上に低気圧があり、本州の日本海沿岸付近には前線が
停滞している。
IMG_9823
(夕方の空)
一日中低層の雲が広がる状態が続いたが、夕方になり少し雲が切れ
てきた。弥彦山(左)・角田山(右)には笠雲が懸かっている。
IMG_9822
(夕方の空)
下層の雲の上には、レンズ状の高積雲や、さらにその上には巻積雲
が見えている。

台風10号は北東に進み、次第に関東地方に近づいてきた。
IMG_9583
(昼頃の空 胎内市桃崎浜付近より南西方向)
台風の影響で太平洋側では雨となってきたところが多いが、こちら
日本海側では南東の風が山越え気流のフェーンとなり、晴れて高温
となっている。青空の所々にレンズ雲が現われているのが特徴的。
IMG_9596
(午後の空 村上市脇川付近より西方向)
正面は粟島。本土側から吹く風で海は凪いでいる。
IMG_9606
(午後の空 村上市柏尾付近より南西方向)
新潟市付近で発生した積乱雲の遠景。雲底で雨が降っているのも見
える。
IMG_9612
(夕方の空 村上市坂町付近より南西方向)
上記と同じ積乱雲。

IMG_9616
(夕方の空 村上市坂町付近より北方向)
フェーン特有の濃い青色の空。

梅雨前線は南海上に遠ざかって、日本海に移動してきた高気圧に覆われている。
北日本などでは上空の寒気の影響で雲多い。
CIMG0074
(水田の朝)
田植えから数週間たち、苗も大きくなってきて、水田の水鏡も空を映し辛くなってきた。
CIMG0067
CIMG0068
レンズ状の高積雲がいくつか現れている。
寒気の影響で日中は雲が多く、夕方になると爽やかな青空が広がってきた。


上空に寒気を伴う低気圧が北日本をゆっくりと通過。
東北地方から北は雲の多い天気となった。
IMG_8785
朝方まで雨が降り、日中も雲の多い天気となったが、夕方になると青空が見えてきた。
日没前の海岸まで散歩する。
IMG_8799
空にはレンズ状雲がたくさん現れていた。
IMG_8803
わずかな時間でどんどん姿を変えていき、見ていて飽きない。
IMG_8804
角田山方向では層積雲が重なっているように見える。
IMG_8808
家に帰る途中の砂丘地の高台から。
IMG_8815
個々のレンズ状雲は、次第に横に延びて隣とつながりだす。
IMG_8818
佐渡ヶ島に沈み行く太陽。



昨日は、日本海北部の低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を通過した。
今日は、西から高気圧に覆われてきて、北日本を除き青空が広がってきた。
IMG_8699
当地も、昨日までの黄砂飛来によるぼやけた空が、くっきりと晴れ上がってきた。
高積雲がところどころにあり、太陽の近くではうっすら色付いている。
IMG_8704
IMG_8707
IMG_8708
高い位置から見ると、レンズ状高積雲が多数現れていることが分かった。
この様子は、午前中よく見られた。
IMG_8715
昼頃になると、レンズ状高積雲は姿を消し、巻雲が広がってきた。
IMG_8714
太陽の周りには、ハロ(暈)が出来ている。






↑このページのトップヘ