雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ:

5月の連休中、新発田市付近から間近に望める二王子岳と蒜場山の雪形の状況を観察した。
七の字
(2021年5月4日 新発田市菅谷から見た 二王子岳北西面)
山頂の左下に「七の字」の雪形が見える。
逆さ男
(2021年5月4日 新発田市小豆から見た 二王子岳南西面)
山容の大きな二王子岳には、非常にたくさんの雪形が現れるが、その中でも最も名が知られているのが「逆さ男」の雪形。両足を広げて逆さになっている姿として見えている。
杁形
(2021年5月4日 新発田市小豆から見た 二王子岳南面)
二王子岳の南に連なる峰の直下に現れる「杁形」。
鷺の首とカタツムリ
(2021年5月4日 新発田市赤谷から見た 蒜場山西面)
左側は、鷺が両翼を広げた形で細長い首を伸ばしたように見える「鷺の首」の雪形。
首がもげると、山にゼンマイ採りに入る頃とされる。
右側は、「カタツムリ」のように見える雪形。
これが見られるようになると、里では田植えの準備に忙しくなるとされている。

〔参考:斎藤義信「図説雪形」〕



本州付近は東西に連なる高気圧帯に覆われている。
IMG_8207
今日はよく晴れ上がった。
正面の二王子岳は雪をたっぷりと纏い、その奥の飯豊連峰はひたすら純白に輝く。

本州付近に移動性高気圧の中心があり、冬型気圧配置は一時的に崩れている。
IMG_7814
(午前中の鳥海山)
山形県鶴岡市へ。月山は雲に覆われ姿を見せなかったが、鳥海山は頂上まで雪をかぶった純白の姿を見せていた。
普段住んでいる地元の海岸からは遥か遠く、視界の最も遠距離にある鳥海山だが、ここまで来るととても大きい。
平野部ではほとんど積雪が見られず、風が弱く穏やかな天気だった。

台風10号は九州の西の海上を北上し、対馬海峡、朝鮮半島を経て日本海西部に達した。本州の太平洋側では台風周辺の暖湿気が流入し、対流性の雲が線上に発達して強い雨となっているところがある。
CIMG0775
(内陸側、南方向の空)
日本海側では山越え気流のフェーン現象が続き、今日も高温となった。当地の最高気温は35℃近くまで上がり、県内の胎内市では38℃台で今日の全国最高気温を記録した。雲は日本海側まで侵入しており、南から北西方向の空は雲に閉ざされている。
CIMG0792
(西から北西の空)
佐渡ヶ島はくっきりと見える。
CIMG0791
北から北東の空には雲が少なく、秋田・山形県境の鳥海山(中央の円錐形の山)が、海の上にはっきりと望まれた。
CIMG0797
(夕暮れの空)

梅雨前線は大きく南下。東日本は日本海に中心を持つ高気圧に覆われてきた。CIMG9536
朝のうちはまだ雲が多かったが、次第に青空が広がってきた。
CIMG9546
日中はまだ上層の巻雲が多かったが、夕方になるとほとんど雲は無くなってきた。今日も仕事帰りに海に立ち寄る。日本海の高気圧は冷たく乾いた風を吹かせ爽やかだ。
CIMG9555
空気が澄んでいるため、佐渡の島影がよく見える。
CIMG9543
直線距離で約180㎞ある鳥海山(一番左側)も、珍しくよく見えている。

↑このページのトップヘ