雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 高積雲

梅雨前線は台湾付近まで南下しており、本州付近は晴天域が広がっている。
CIMG9227
一日中よく晴れて、日射しが強かった。山沿いでは日射で積雲が湧いているが限定的。
IMG_7326
夕方、佐渡ヶ島が見える北西の空にレンズ状の高積雲が現れて、太陽の周りに色を付けていた。

北海道の上空には寒気を伴うトラフがあり、北日本ではトラフや下層暖湿気の影響で大気の状態が不安定になっている。
IMG_7229
当地も日中雲が多めで、時折西寄りの強風が吹く天気となった。
IMG_7231
IMG_7232
午後には、西の海上に高積雲の吊るし雲が現れた。

日本海北部と九州付近に前線を伴う低気圧があり東に進んでいる。夜には日本海の低気圧から伸びる寒冷前線が日本海沿岸に近づいてきた。
IMG_6899
(午後の空)
午前中は低い雲に覆われていたが、次第に青空が広がってきた。南寄りの風が吹き、最高気温は12℃まで上がった。東の山岳方面はよく晴れ上がってきたが、飯豊連峰(左の白い山並み)だけは山頂部にまだ雲が残っている。
IMG_6903
IMG_6904
頭上から西の空にかけては、きれいな高積雲が広がっている。
IMG_6906
夕暮れ時に空にあるのは中上層の雲だけ、穏やかに陽が暮れていく。

日本海北部に前線を伴った低気圧があり、発達しながら東北東に進んでいる。夜には北陸地方を寒冷前線が通過した。
IMG_6879
(朝の空)
低気圧や前線が接近した影響で、朝から空には、鱗片が積み重なったようなものや、ロール状の高積雲が現れた。日中は南風だったが、夜には寒冷前線の通過で西風に変わり、かなり強く吹いている。

日本の南海上に前線が停滞。本州付近に中心のあった高気圧は、次第に東海上に移動した。
IMG_6860
(昼頃の空)
前線から離れた日本海側では、天気の大きな崩れは無く、高積雲が広く空を覆う薄曇りの天気だった。気温は今日も上がり、最高気温は15℃を超えた。
IMG_6862
(夕暮れの空)
夕日を受けて色付いた高積雲。

↑このページのトップヘ