雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 特殊な雲

上空の寒気の影響で大気が不安定。
今日も東日本などで積乱雲が発達した。
IMG_9493
(12:40頃の空)
午後になり積雲が発達しだす。
IMG_9502
IMG_9506
(17:40頃の空)
阿賀町方向の山沿いで、大きな積乱雲が成長した。
積乱雲周囲に中下層の雲が取り巻き、頂部がよく見えない。
RIMG1084
(18:30頃の空)
室内に居ると、夕暮れが近いのに外がむしろ明るくなってきた。
南東方向を見ると、隣家の屋根を越えて巨大な雲が輝いている。
RIMG1086
(同時刻頃)
内陸部で発生した積乱雲が、平野部から海岸部へと移動してきたよ
うだ。
RIMG1091
RIMG1098
(同時刻頃)
雲底の一部には、雲のこぶがいくつも垂れ下がっている。
乳房雲のようだ。
RIMG1103
IMG_9509
(18:50頃の空)
海岸部近くまで迫ってきた積乱雲が、夕日を受けて淡いピンク色に
染まってきた。





今日も西日本では、南海上からの暖湿気流の影響で雲が多く九州や
四国では大雨となっているところがある。
一方東日本では、太平洋高気圧に覆われ晴れて高温となっている。
IMG_9222
(18:30頃の南の空)
当地もよく晴れて暑くなった。
ただ夕方、南の方向に朝顔形の白く輝く大きな雲が現われた。
レーダーや衛星画像の雲の動き見ると、どうやら福島県会津駒ケ岳
付近で発生発達した積乱雲の上部が、上層の風に流されて北西方向
に広がってきたもののようだ。
高層天気図を確認すると、東日本の300hPa面では南東の風となって
いる。ここからも、東日本が太平洋高気圧の勢力下にあることが分
かる。



梅雨前線は引き続き南海上に遠ざかっており、本州付近は日本海
に中心のある涼しい空気を持った高気圧に覆われている。
IMG_8863
(日中の空)
最高気温は20℃程度で、この時期としては気温は低め。
晴れてはいるものの、中上層の雲が多い。
遠景の山沿いでは、山頂の上に積雲が連なっている。
IMG_8864
(夕方の空)
時折日が陰ったりするが、基本的には爽やかな初夏の空。
IMG_8868
日没間近で太陽高度がかなり低くなってくると、うっすら太陽柱
(サンピラー)が現れた。


九州付近を停滞前線が横たわり、前線上には低気圧がある。
中部地方以西は雲が広がっているが、東日本や北日本では晴れているところが多い。
IMG_8726
当地は晴れているが上層には薄い雲があり、飛行機雲が多数現れている。
IMG_8731
太陽の周りにはハロ(暈)が現れている。
IMG_8723
ハロと飛行機雲。
IMG_8732
夕方の空も、巻層雲とたくさんの飛行機雲に埋め尽くされている。



等圧線の間隔が開いた弱い冬型気圧配置だが、上空にはかなり強い寒気が入り込んできた。
IMG_8460
IMG_8457
(朝の空)
小さな積雲がたくさん浮かぶ。
製紙工場の煙突から排出された水蒸気が、大きな積雲を作り出しているのも見えた。
IMG_8461
(昼過ぎの空)
午前中に風向きが南寄りから北寄りに変わる。
最高気温も午前中に記録した後、だんだんと降下してきた。
IMG_8462
(夕方の空)
風はかなり冷たくなってきた。
空は冬に逆戻りしたようだ。








↑このページのトップヘ