雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 特殊な雲

三陸沖に前線を伴う低気圧があって北進している。
また、佐渡ヶ島付近にも低気圧があって北東方向に進んでいる。
CIMG0103
(朝の東方向の空)
当地は一日中曇り空で、時々雨の降る天気となった。
CIMG0108
(五頭連峰方面)
今日も南東方向からの風が吹き続け、五頭連峰方面では山越え気流の下降によって生じた滝雲が遠望された。
CIMG0114
(夕方の北西の空)
青空も少し見られたが、夜には再び雨が降り出した。

東北地方にあった低気圧が北海道東部へ移動。中心から列島に沿うように伸びていた寒冷前線がゆっくりと南下し、太平洋側沿岸まで下がった。当地は一日中雨が降り続く天気となった。
今日は過去の雲画像からいくつかを・・・。
IMG_0395
(2015年2月20日撮影)
火力発電所や工場の煙突の真上に、ぽっかりと積雲がとどまっていることがある。
煙突から排出される熱を伴う排ガス等で発生した積雲で、人為起源雲と呼ばれるものだ。
大気が湿っている状態の時によく見られる。
IMG_0393
(2015年2月20日撮影)
CIMG0277
(2020年8月22日撮影)
IMG_7559
(2020年9月11日撮影)

九州の西の海上を台風9号が北上。千島のはるか東に高気圧があり日本付近に張り出している。
CIMG0664
(17:30頃の南東方向の空)
福島県南会津地方で発生した積乱雲の、巨大なかなとこ状の姿。
垂直方向に発達した雲は、はるか遠方からも望見できる。
CIMG0689
(18:00頃、上の写真とほぼ同方向の空を別位置から)
積乱雲は、短時間でもその姿を大きく変える。
CIMG0684
高気圧と台風の間の気圧傾度が大きく、全国的に風が強めに吹いている。
当地でも南東の風が強く吹き、田んぼの稲が大きく揺れている。
CIMG0685
日本海側はフェーン現象も加わり高温となった。

日本海北部に懸かっていた前線は日本海中部まで南下。前線上の北海道の西には低気圧が発生。
RIMG0715
朝の佐渡ヶ島方向の空。
昨日までは対流性の雲の発達は山沿い中心だったが、今日は海上や海岸部でも午前中から雲が湧いている。
RIMG0728
RIMG0731
午前中には海岸部にある当地の周辺でも雄大積雲が発達し、見上げるような雲の峰が間近に見える。
RIMG0799
RIMG0790
夕暮れの海岸から見上げた空。海上には発達した雲が林立し荘厳な姿を見せた。
夜になると陸地に次々に接近し雷鳴が轟き続け、夜遅くには激しい雷雨となった。
RIMG0755
内陸方面でも積乱雲が多数発達、雲の峰々が残照でピンク色に染まる。
RIMG0778
太陽が沈む方向と反対の東の空には、反薄明光線がはっきりと見られた。

北海道付近に低気圧があり、そこから延びる寒冷前線が朝から昼前、北日本を通過した。
IMG_7324
当地は、未明から朝方雨となった。日中も上層の雲が多く、薄曇りのような感じが続いた。写真は、巻積雲に、さらにその上にできた飛行機雲の影が映り、黒い筋となって見えたもの。
IMG_7321
日中の気温は25℃まで上がり暑くなった。そのせいで、午後になると海から陸地に向けて湿った風が吹き込み、海上には低い雲も現れてきた。

↑このページのトップヘ