雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: ハロとアーク

上空に寒気を伴う低気圧が日本海にあり東進している。
IMG_8825
IMG_8826
IMG_8824
日中、巻層雲が広がり、ハロ(暈)が見られた。
この時期は太陽高度が高いため、ほぼ真上を見上げるような感じ。
夜には、日本海の低気圧が接近してきて、強雨・突風の荒れ模様となった。



九州付近を停滞前線が横たわり、前線上には低気圧がある。
中部地方以西は雲が広がっているが、東日本や北日本では晴れているところが多い。
IMG_8726
当地は晴れているが上層には薄い雲があり、飛行機雲が多数現れている。
IMG_8731
太陽の周りにはハロ(暈)が現れている。
IMG_8723
ハロと飛行機雲。
IMG_8732
夕方の空も、巻層雲とたくさんの飛行機雲に埋め尽くされている。



昨日は、日本海北部の低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を通過した。
今日は、西から高気圧に覆われてきて、北日本を除き青空が広がってきた。
IMG_8699
当地も、昨日までの黄砂飛来によるぼやけた空が、くっきりと晴れ上がってきた。
高積雲がところどころにあり、太陽の近くではうっすら色付いている。
IMG_8704
IMG_8707
IMG_8708
高い位置から見ると、レンズ状高積雲が多数現れていることが分かった。
この様子は、午前中よく見られた。
IMG_8715
昼頃になると、レンズ状高積雲は姿を消し、巻雲が広がってきた。
IMG_8714
太陽の周りには、ハロ(暈)が出来ている。






高気圧の中心は本州の南東海上に移ったが、まだ全国的に晴天域が広がっている。
IMG_8612
(日中の空)
よく晴れているが、上層には巻雲や飛行機雲から変わってきた雲が広がってきた。

IMG_8605
太陽の周りにはハロ(暈)が現れている。
IMG_8618
(夕方の日本海)
佐渡ヶ島がくっきりと見えている。

巻雲や巻層雲などの薄雲が上空にあると、太陽の周囲に暈が
現れることがある。

これはハロと呼ばれる、氷晶によって光の屈折・反射される
大気光象だが、
太陽だけだはなく時には月の周りにも生じる。

明日は雨となるという予報が出た春の夜、上着を着ずとも
もう寒くない外へ出て見上げる空には、
暈をまとった朦朧と
した月が高く懸かっていた。
IMG_6960




↑このページのトップヘ