雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: ハロとアーク

高気圧の中心は三陸沖に去ったが、北日本ではまだ晴れているところが多い。
IMG_8514
当地は朝のうちは青空が広がりよく晴れていたが、昼前から上層の薄雲が多くなり、太陽の周りに明瞭なハロ(暈)が現れた。
IMG_8516
次第に中層の雲も増えてきて、昼頃にはほとんど日射しが無くなってくる。
ただ南東の風が入り込み、気温は20℃を超えてかなり温かい。
IMG_8528
午後になると、弱い雨がパラついてきた。
写真でも、層積雲の雲底に尾流雲の尻尾が出来ているのが分かる。
IMG_8531
雨は一時的で、夕方にはまた太陽が姿を現した。




気圧の中心は北海道の南東海上に移動したが、北日本や日本海側ではよく晴れている。
IMG_8400
IMG_8402
高気圧の後面となり、上層の巻雲などが空一面に広がってきた。
IMG_8409
今日も太陽の周りにはハロ(暈)が現れている。
IMG_8405
IMG_8406
南東の風が入り込み最高気温は23℃台まで上昇。
満開となっている桜の花見日和となった。


日本海の高気圧に覆われ、本州付近ではよく晴れている。
IMG_8382
仕事が終わり駐車場に出ると、夕方の西の空に飛行機雲が輝いて見えていたので写真を撮る。
中央上部に何やら扇状の輝きが・・・。
IMG_8388
車を走らせ、やや開けた所に行くと、22°ハロ(暈)が現れているのが分かった。
先程の扇状の輝きは、ハート型に形を変えて輝いている。
どうやら上部タンジェントアークのようだ。
IMG_8390
海沿いまで行くと、佐渡ヶ島に今まさに沈もうとしている夕日から、サーチライトのような光が上に伸び、その先がV字型に輝いているように見えている。
サーチライトのような光は、サンピラー(太陽柱)と思われる。
IMG_8391
海岸まで行き、全貌を見ることができた。
夕日が既に沈んでしまった後なので光は弱くなっているが、幻日、上部タンジェントアーク、サンピラーが現れている。
これらはいずれも、上空の氷晶によって生じている光学現象だ。
タンジェントアークは太陽の高度によって形が変わるとされているが、その変化を見ることができた。

九州付近に前線を伴った低気圧があり東に進んでいる。
IMG_8224
(朝の空)
全国的に雲に覆われてきたが、日本海側の一部などでは晴れた所もあった。
当地も朝夕は日照があり、朝はむらむらした巻層雲によって、明瞭ではないが太陽の周りにハロ(暈)が現れた。
IMG_8225
(夕方の空)

高気圧の中心は日本のはるか東海上に去った。
朝鮮半島付近には前線を伴った低気圧があり、東北東に進んでいる。
IMG_8145
高気圧の後面で南風が入り、最高気温は18℃台まで上がった。
空は広く巻層雲に覆われてきて、飛行機雲も多数見られた。
IMG_8146
太陽方向を見るとハロ(22°の内暈)が現れており、その内側にも別のハロ(9°?)が見えている。

↑このページのトップヘ