雲の流れと自然の愉しみ(日がな一日雲を眺めて暮らしたい)

天気や身の回りの植物や鳥たちなどを、歳時記的観察眼で記録していきます。 時々、我が家の愛猫”ハル”の日常も・・・。                佐渡ヶ島が見える海の近くに住んでいる気象予報士(No.1341)のブログです。

カテゴリ: 薄明光線

天気図上では、日本の南海上などに台風・熱帯低気圧が複数並んで
いる。
IMG_9571
(日中の空)
今日も良く晴れて厳しい暑さとなった。
内陸では積乱雲が発達したところがあった。
IMG_9576
(夕暮れの空)
太陽の手前の積雲により、薄明光線が現れている。

IMG_9063
日没前、西の空に大きな光の筋が現れた。
これは「薄明光線」と呼ばれるチンダル現象の一種で、比較的よく
見られるものだ。
今日のものは、夕陽の光を隠す個々の雲はかなり小さいものだった
が、それらがいくつも横に連なっていたため、全体として放射状の
大きな光芒として見られたもので壮観だった。




北日本の上空には寒気が入り、大気が不安定となっている。
IMG_8914
当地は朝から雲に覆われ日射しが無く、日中は俄か雨も降った。
夕方になると次第に空が明るくなり、太陽を隠す雲の周りから薄明光線
の光の筋が見えてきた。
IMG_8916
海岸へ行くと、ちょうど雲の下から太陽が現れだし、海面に光の道
も見えてきた。
IMG_8921
内陸方向には、雄大積雲の頂部が薄いピンクに染まっているのが見える。
IMG_8923
佐渡島に落ちていく真ん丸な夕日。

↑このページのトップヘ